明日から肉体労働

0
    オープンまであと1週間。
    すべて見切り発車でと腹をくくったものの
    やることは山積みで、最近は5時起きだったのが
    目覚ましも使わないのに
    昨日は4時、今朝は3時と微妙に早まっています。

    山積みの仕事には、商品製作が含まれてません・・・
    今週始めにあちこちに割り振って、加工をお願いしてます。
    それで慣れないDM製作、発送、店内の什器備品もろもろの
    下見、買出し、発注でなぜか普段は行かない東京〜千葉の湾岸地区を
    歩き回っています。

    2週間前はアキバのヨドバシへ印刷用のラベルやカードを
    探しに行ったのですが、あまりの広さと種類の多さとで
    途方にくれました。

    そして昨日は朝から店舗の寸法をあちこち測って
    そのあと、かなり大きなホームセンターへ。
    ここでも何を買っていいのかわからない&その広さで
    気づいたら5時間経過・・・かなり疲れました。

    店内の掃除(かなり大変)一部壁塗り(誰が?)
    棚のニス塗りなどなど、本当にあと1週間で開くのかい?
    といった感じです。


    昨日は床を張り替えてもらいました。大家さん感謝です。

    たぶんバックヤードになりますが、汚れが落ちるのか。

    裏庭?というか塀との間がすっごいことに、よく見ると
    スコップ?が埋もれてます。しばらくは開かずの窓になりそうです。

    今日は御徒町仕入れツアーなので、明日から取り掛かります。






    構想1年、製作2週間

    0
      ちょうど1年前、初めて起業セミナーに参加しました。
      いつになるかわからないけど独立したい

      でも店舗での販売だけでは成り立たないのがわかっていたので
      今後どうすればやっていけるかを考えねば・・・と必死でした。

      初日同じテーブルに着いた私を含む4人は、お互いの事業や
      問題点に色々な提案を出し合いました。
      「お客様が来ないなら自分から出向けばいい」
      というアドバイスに、それは面白そうだとあれこれ考えてたら
      眠れなくなったものです。

      その後勤めていたお店が閉店することになり
      いつかは→なるべく早くに変わり、
      物件が具体化した1ヶ月前には「もう取りやめたい」と
      そんな言葉があるか知りませんが、起業ブルーになりました。

      そして今、ようやく物件も決まり 
      7月6日 金曜日 開店と決めました!
      えっ?2週間しかない。
      お店の体裁が整うのにあわせると、早くても7月後半になってしまう
      のですが、1月8日の閉店より半年以内には再開したかったのです。
      それこそ春くらいには・・・なんて言っていたので
      既に遅いのですが。

      なのでオープンしてもしばらくは店頭のテントも
      元のブティックのがそのままで
      店内の什器や備品も揃っていないでしょう。
      それでも、新しく見つけた石やパーツ
      そして新しいお店のコンセプトをお知らせしたいのです。

      週末は挨拶状の印刷にかかります。
      プリンターがご機嫌なのを祈ります。


      こっそり更新中

      0
        こうしてブログを始めて5ヶ月あまり。
        友人知人でこの存在を知っているのは今のところひとりだけ。
        あるいは密かに読んでくれているかもしれないけど
        今まで誰にも教えていません。

        特別な理由はありませんが、特別面白いわけでも
        ためになる知識があるわけでもないので
        わざわざ言うのもなんだかなあ・・・といった感じでしょうか。

        明日は約1年ぶりに元のスタッフとおかち仕入れツアーです。
        仕入れはもちろん一人でもできますが、大して面白くないのです。
        誰かと一緒だと、いつもとセレクトが少し変わってきます。
        予想外な石を選んだり、意外な組み合わせが浮かんだり。

        ついでにこのブログの存在も話して、これを皮切りに
        徐々に公表していこうと思います。

        何をつくろうか

        0
          そろそろ商品を用意しないといけません。
          材料を仕入れて加工をするので、結構時間はかかります。
          実際には加工よりもデザインなどを考える時間に
          だいぶとられてしまうのですが。

          私の場合基本的にアクセサリーはあまり好きではないので
          自分のために何か作ろうとか、趣味で作るとかは
          ほとんどありません。
          ではどうしてこの仕事をしているの?と必ず聞かれますが
          大抵「自分でもよくわからない」と答えるほかないのです。

          ただ言えることは「誰かに付けてもらうためにつくる」
          ので、そこに誰かが見えないと、全く手が止まってしまうのです。

          閉店セールの際には引き出しが閉まらないほど
          (多分100本は越えてた…みんなここぞとばかりにお持込)
          オーダーやリメイクをお受けしましたが
          お客様の顔が浮かぶのでさほど苦労はありませんでした。

          少々のブランクと新しくまだお目にかかっていない人に向け
          いったい何を作るのか、また手は止まり、通した石をバラして
          時間だけが過ぎるのでした。

          不思議なこと

          0
            昨日は物件の契約申込書をもらってきました。
            連帯保証人など店舗物件ゆえなのか
            やや厳しい条件などあり、少し不安な気持ちを抱えて
            駅ビルの中を歩いていました。

            「もし契約を断られたら、また出直しか・・・」とか
            「じゃあどこなら貸してくれるんだ?」など
            ようやくふくらんだ希望がまたしぼんでしまう感じでしょうか。

            すると前からある女性が歩いてきました。
            彼女に4日前にメールを送ったのですが、戻ってきてしまい
            手紙でも出して近況を報告しようと思っていた矢先にです。
            なんて偶然なんでしょう!!

            ジュエリーの学校の同じクラスで、私も彼女も休み休みながらも
            (私は無期休学中)もう10年以上通っています。
            確かベルトに付いてたラインストーンが無くなってしまったのを
            修理したのがきっかけでお話するようになったのでした。

            その後もネックレスの組み換えや、加工などをお引き受けして
            ある意味私のビジネスモデルの種を蒔いた人になるのでしょう。

            連絡待っているからねとの言葉をうけ、何としてでも物件を
            決めたいという気持ちを強く持ちました。
            仮に家主さんが難色を示した際に、自分自身を解ってもらうために
            何ができるかも含めて。

            元働いていたお店と住まいが近いので、お客様と偶然会うことは
            珍しくないかもしれませんが、なかなか片付かない問題を抱えて
            沈みがちな時ほど、なぜか遭遇します。
            そんな時に「連絡待ってますね」と言っていただけると
            何よりもこころのカンフル剤になるのでした。

            不思議なめぐり合わせに感謝。



            社長のお話

            0
              先日、以前の店のスタッフにお付き合いしてもらい
              とある物件を見に行ってきました。
              私が気づかないところをキビシクチェックしてもらうために。

              今回物件探しに付き合ってもらったのは、全部で7人。
              場所の選定、街歩き、不動産屋さんめぐり、物件見学・・・
              みんな忙しいのに、ほんとうにありがたくて
              なにより心強かったのです。

              さて物件を見ている時に不動産屋さんの社長から
              商売するにあたっての心構えについてお話を聞きました。

              その後ジュエリーの職人である社長からも、開業時の苦労、
              経営理念の大切さ、集客が難しいので広告には力をいれるようにと
              教えられました。

              その次に行ったインド人の社長からは、来日した時の苦労や
              今やらないと後悔するよ、うまくいかなかったら閉めればいいだけ。
              「I will help you anytime you want forever」(涙)

              開業する時には、諸先輩の苦労話を聞くのが通過儀礼のようなもの
              それだけサポートしてくれる人がいて心強いと言われました。

              というわけで、ようやく覚悟が決まりました。
              明日物件の契約をしてきます!!






              咲きました

              0
                前のお店で誰かがくれたセントポーリア。
                たまにお水をやるくらいでも、忘れた頃に花を咲かせる
                なかなかしぶといところに、自分たちのお店を重ねて見てました。閉店が決まった頃の季節外れの?狂い咲きに驚いたものでした。

                閉店の後自宅に持ち帰りそれまでよりやや大きめの植木鉢に植え替えてずっと世話していたものの、全く花は咲きません。やはりお店とともにダメになってしまったのかと、寂しい気持ちで1、2、3月を過ごしました。

                ある日ネットで咲き終わった花は切っていかなければ、新しい花が咲かない知り、花びらだけが散った元気な茎を切ってみました。

                先月半ば過ぎからつぼみらしきものが成長し、ようやくまた花が咲きだしました。さあ、そろそろ再開の時期です。


                さらに物件探し

                0
                  相変わらず第一希望の地では、新しい物件で希望に近いものは
                  出ていません。
                  もう1箇所違う場所でも探したら?ということで
                  今日は友人に付き合ってもらい、都内某所を自転車でめぐる
                  物件探索ツアーに行ってきます。

                  知らない街をふらつくのは大好きですが、
                  今日行く場所は10年くらい前によく会社の帰りに歩いたところで
                  でも最近の変貌振りにはびっくりします。

                  捨てるモノ 捨てないモノ

                  0
                    私は片づけが苦手で、きれいに詰め込むというか整頓は
                    さらに才能がない。なのでここ3年かけて洋服などを
                    処分するようになった。
                    2年前は捨てられなかったあまり着ていなかった服も
                    今なら捨てられるとか、思い入れにも賞味期限はあるらしい。
                    しかしもう15年前にアラスカで買って、着古してもう着ることはない
                    Tシャツは捨てていない。

                    ジュエリーやアクセサリーは服と違いポンと捨てられるモノではない。
                    もちろん地金としての価値や、ブランドとしての価値、それ以上に
                    思い出が宿りやすいから。
                    最近は地金の重量による買取だけでなく、製品そのままの価値で
                    引き取って、磨きなおしなどのメンテナンス後また店頭に並び
                    再販するお店もある。 
                    喜平のネックレスは換金性の高いモノなので
                    どこに持っていっても買取金額はさほど変わらない。

                    一方ロー付けたくさんのデザインネックレスでは、
                    もって行く店によって評価額が全く変わってくる。
                    単純に重さだけでの評価なら、額を聞いてがっかりなことも多いかも。
                    でもデザインやつくりが良く、他人も欲しがるようなモノであれば
                    上記のような再販をしているお店に問い合わせるほうが良いと思う。

                    グマッカル

                    0
                      引き続き物件探しの日々です。
                      グマッカルとはヒンディー語で「いつもほっつき歩いてる人」
                      の意味だそうです。まさしく今の私のことです。

                      結構知っているつもりでいた街も、あるいは知らない街でも
                      「ここに店があったらやっていけるか」という目で見ると
                      見え方が変わってきます。

                      またなんでこの場所にこの業種なんだ?とか
                      突っ込みたくなるケースも多々あります。
                      反対に空き物件を見ると、ここだと何の商売ならやっていけるだろうと
                      考えながら、まだまだグマッカルな日が続きそうなのでした。


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ガラスのハミングバードと水晶のれん
                        enfiar
                      • ガラスのハミングバードと水晶のれん
                        素敵です
                      • 端正なハギレ KIFNASKさん
                        takanami
                      • 計算間違い(笑)淡水パールのリメイク
                        みっち
                      • エフィアール的キレイ石ミックス
                        enfiar
                      • エフィアール的キレイ石ミックス
                        貴更
                      • 水曜・金曜限定!石占い(笑)
                        貴更
                      • ルビーのチビチビドロップカット
                        みっち
                      • 微調整イヤリング金具
                        mariko
                      • 淡水パール自主規制解除
                        AirBus

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM