南部菱刺し集結@浅草アミューズミュージアム 13日まで

0
    こんにちは、エフィアールです。
    今週は珍しく、火曜も今日も朝から営業してました。
    12日(土)も10時から18時までがんばります。

    さて前の記事でお知らせした「南青森のイロドリ 菱刺し展」始まってます。
    既にエフィアールのお客様もちらほらお出かけになったようです。

    私はなかなか時間が合わないので、昨日の終了間際に滑り込み〜
    日曜の最終日にゆっくりと見に行く予定です。

    会場内の様子や素敵な作品については
    つづれやさんのインスタをご覧頂くとして

    階段を上がると大きな総刺しの作品がお出迎えです。

    1611099.jpg

    昨年の布オタクの会では「大物」は見られなかったのですが

    1611090.jpg

    毛糸でザクザク刺した力強い作品です。

    雨と麦さんの作品はとっても緻密で色合わせがピュア。

    1611093.jpg

    このブローチのデザインはマカロンみたいな色あい。

    1611094.jpg

    さらにひと世代下の女子高生たちの作品もすごい。

    1611096.jpg

    「女子高生が考える新しい型っこ!」
    型っことは、動植物や身の回りのモチーフを、ひし形の中にデザインしたものらしいのですが、
    100年たてば身の回りは大きく変わるというわけで・・・

    1611097.jpg

    青森県物産展とかで、最近りんごよりも人気なのが「黒にんにく」

    1611098.jpg

    赤ピーマンじゃないの、パプリカなの!

    会場にはたくさんの草木染めの作品や糸が並んでいます。
    是非手に取って、鼻を近づけてみてください。
    ネットでは伝えきれない、温かさや植物の香りを存分に楽しんで頂きたいです。

    南青森のイロドリ〜菱刺し展@浅草アミューズミュージアム

    0
      おはようございます、エフィアールです。

      先月ちょっとだけお知らせした、南部菱刺しの展示会について
      今日は詳しく〜しつこく〜書きたいと思います。

      一昨年の9月、したまちコメディ映画祭に行った時に
      開演までちょっと時間があったので、ふらっと立ち寄ったのが
      浅草寺の二天門のすぐ近くにあるアミューズミュージアムでした。

      そこで初めて田中忠三郎という人物を知り、調べたらタイミング良く
      十和田市現代美術館で企画展があるというので、見に行って
      こぎん刺しや南部菱刺しの野良着に圧倒されたのが、そもそもの始まり。

      このあたりは過去の記事「田中忠三郎が伝える精神@十和田市現代美術館」にも書いてます。

      その後、世界の布と手仕事を求めて旅をするマダムHや
      ご近所で手織りをしているいしわたさんなど、面白い方たちに出会い
      昨年の「布オタクの会」を開催するに至りました。
      その際に是非皆さんにお見せしたかったのが「南部菱刺し」でした。

      そこで田中忠三郎展でワークショップの講師をしていらっしゃった
      「つづれや」の山田さんに、作品の提供をお願いに再び八戸に〜。
      お時間のある方は「エフィアールブログ 2015年10月号」をご覧ください。

      つづれやさんと雨と麦さんの作品の販売と
      青森県のJKたちの「新しい型っこ!」多分マダム達の「南部菱刺し研究会」の皆さんの
      作品が展示されるそうです。
      つづれやさんのインスタには、草木染め色々がたくさん紹介されていて
      この色糸欲しいなあとか、刺す時間が無いのにすごくそそられます。

      なかなかまとめて見る機会の少ない刺し子の世界。
      「世界のかわいい刺繍」という本で紹介されている
      日本代表の刺繍は南部菱差しなのです。
      開催期間は11月8日(火)〜13日(日)の1週間足らず。
      是非この機会をお見逃しなく!!!



      南青森のイロドリ 菱刺し展 ≫≫厳冬が育んだダイヤパタン≪≪
      2016年11月8日〜13日 10時から18時まで(最終日は16時まで)
      浅草アミューズミュージアム 2階 手仕事のギャラリー&マーケット

      1階奥に階段があります。
      ギャラリーの見学は無料ですが、ミュージアムは入場料¥1000です。
      お時間のある方は是非BOROの世界も見て頂きたいです。

      新作入荷!手織りと虹の工房いしわたさん

      0
        おはようございます、エフィアールです。
        今日は10時から18時までの営業です。

        1年前に開催した「布オタクの会」で人気だった
        いしわたさんの新作が入荷しました。

        まずは店頭のトルソーを飾るプルオーバー。

        1611034.jpg

        背中の方はグリーンのグラデーション。

        1611035.jpg

        ウール100%のふんわりした大判のマフラーとか

        1611032.jpg

        シルクとエジプト綿のマフラーは発色も良いですが、
        光沢は熟女たちのくすみがちな肌にも効果あり!

        1611031.jpg

        寒色系のマフラーですが、巻いてみると肌がきれいに見える(ような気がします)
        ただ・・・手指が荒れていたりするとシルクに引っかかりやすい。
        そこを面倒くさいと思わないで、手を荒れたままにしないことが、
        キレイを作るのでしょう。

        この他にもまだ素敵な新作はあるのですが、もったいぶってまだ載せません(笑)
        営業時間はまだ短いのですが、是非店頭で触って、巻いて下さいね。

        次は南部菱刺し@浅草アミューズミュージアムについてのお知らせ。
        今しばらくお待ちください。

        仮装より女装

        0
          おはようございます、エフィアールです。

          今週は11月1日(火)の14時から18時、
          3(木・祝)5(土)の10時から18時まで営業します。

          昨日はすがの商店会のハロウィンイベントで、仮装した子供たちと
          付き添いの保護者の方たちで、にぎやかでした。
          いつもは静かなこの地域でさえ盛り上がるのですから、
          ハロウィン恐るべし。

          この「仮装」改めてウィキペディアで調べてみました。
          以下、一部抜粋。

          仮装は、着用者の本来の属性・立場とは異なる服装をするものであるが、
          日本語においては、自分の立場を秘匿し別人であることを装う変装とは一般に区別される。
          また扮装(ふんそう)とも言うが、これは主に演劇や舞台芸術などにおける衣裳を指す。
          仮装に用いられる衣服・装身具の一式を衣裳(衣装)やコスチューム等とも言う[1]。
          近年ではゲームやアニメなどのキャラクターになりきるコスプレ文化も日本を始めとして広まっている。


          ハロウィンで仮装することの無かった時代は、七五三とか
          幼稚園や保育園でのお遊戯会あたりが、仮装初めだったのではないでしょうか。
          で、大人になるにしたがって、その機会は減っていくものでした。
          でもこの非日常の楽しさは、子供や若い人たちだけでなく、
          もっともっと上の「属性・立場にしばられる年代」にまで広がっていくのだろうと思います。

          昨年は装うことについて書かれた本をたくさん読んだのですが、
          読後にじわじわと来たのが「女装して、一年間暮らしてみました」

          特別な性癖があったわけでもなく、寒い日にストッキングを買ってみたことから
          次々に好奇心のままに女装のアイテム、メイクやウィッグ、ミニスカートを試していきます。
          外面と内面の変化がもたらす身近な人達との関係の変化や、
          見知らぬ人たちとの交流、時として不快な思いを経験していくのですが・・・

          この中で筆者が語っている部分で、女装するならばショートヘアにノーメイク、
          ジーンズにスニーカーの男だか女だかわからないものではなく、
          ロングヘアにルージュ、ミニスカートにハイヒール、というような内容があって
          耳が痛いっ!と思いました。

          なので一日店にいる土曜日だけは「女装の日」と決めて、
          きちんと化粧をして(これが難しい)、アクセサリーと釣り合う程度の
          労働には少々不向きな服を着るように、ちょっと変えてみました。
          通勤時は自転車でスニーカーですが、店でヒールのある靴に履き替えます。

          そうして古くなったセルフイメージやルーティンを変えることで、
          新しい何かが生まれていくのではないかと思います。


          評価:
          クリスチャン・ザイデル
          サンマーク出版
          ¥ 1,728
          (2015-04-14)


          蔵元レストラン せきのいち

          0
            こんにちは、エフィアールです。

            来週は25日(火)27(木)の14時から18時まで
            29(土)の10時から18時まで営業します。

            お客様とお団子を頂きながら、おしゃべりしていたらもうこんな時間。

            ブログを更新していない2週間のうちには、
            ジャイアンツがクライマックスシリーズで敗退とか、
            初めて気仙沼に行ったこととか、ネタはつきません。

            そして今年も残すところ10週間!
            製品があといくつできるでしょうか???

            先週は一関と気仙沼に行ってきました。
            一関駅から徒歩10分ほどの、「せきのいち」さんで遅めのランチ。
            地方に行くと日曜休みの店も多く、なおかつ駅から歩いて行けるところは少ないです。
            ましてやランチタイムを過ぎてしまうと、ランチ難民になるのですが、
            この「せきのいち」さん、ティータイム営業時間にも、メニューは限られますが
            郷土料理を頂くことができます。

            1610161.jpg

            このイラストには、それぞれの味の説明と、
            どんな栄養があるのかが書かれていて、見ているだけで楽しくなります。
            紙を取ると・・・

            1610162.jpg

            中央のお椀は、箸休めの大根おろし。
            それを囲む8種類の味のお餅と、お雑煮で合計9種類の味。
            ひとつひとつが全て丁寧に作られていて、お腹はいっぱいなのに、
            時間をかけて完食しました。

            1610163.jpg

            南部鉄器も、漆塗りもこの辺りの工芸品。

            1610165.jpg

            食事の後、大吟醸酒の試飲をしていたら、グラッと地震。
            今でも一瞬、緊張がはしります。
            関係は無さそうだけど、不思議な雲を撮影しました。

            で、いつになったらアクセサリーの話題が出るんだ?と
            思っている人もいるかと思うのですが・・・
            今月は無理かも〜(苦笑)
            今週の仕入れも期待せずにお待ちください。

            予告編〜南部菱刺しがやってくる@浅草アミューズミュージアム

            0
              おはようございます、エフィアールです。

              10月ももう半ば、先週の真夏日など無かったかのように、
              すっかり秋らしい陽気になりました。
              寒くなると石よりも糸が恋しいということで、昨年の11月は
              エフィアールの店内で「布オタクの会」を開催いたしました。
              今年は続編になりそうな、楽しいお知らせの予告です。

              まずは手織りと虹の工房いしわたさんの新作のマフラーとコートの展示会。
              こちらは11月初め頃、エフィアールにて開催予定です。
              昨年はまだ反物だったあの生地(画像右下)がどうなっているのか期待が高まります。

              1511052.jpg

              それから南部菱刺しの作品を貸してくださった八戸のつづれやさん
              このクラッチバッグには、布と糸だけが放つ光沢にびっくりしましたよね。

              1511076.jpg

              つづれやさんの展示会が11月8日(火)〜13(日)まで浅草の二天門出てすぐの
              アミューズミュージアムの2階 手仕事のギャラリー&マーケットにて開催されます。



              リーフレットをたくさん頂きましたよ〜。
              アミューズミュージアムの展示や、つづれやさんの作品については
              後日また詳しく?思い入れたっぷりにご案内いたします。
              皆様、予定を開けてお待ちください!!!


              引き続き、淡水パールに糸を通す

              0
                おはようございます、エフィアールです。
                来週は11日(火)13(木)の14時から18時まで、
                15(土)の10時から18時まで営業します。

                1609290.jpg

                前回の続き、淡水パールのネックレス、ひとひねりバージョンです。
                センターにはファイヤーアゲートと、一粒のオリーブクオーツのタンブルカット。
                鳥のメタルパーツとシャンパンクオーツを挟んで、後ろはケシクレオパトラのパール。

                1609291.jpg

                秋色満載って感じですが、ファイヤーアゲートは色が単調ではないので
                春先以外は楽しめそうです。

                長さは本体53僖廛薀坑記僂離▲献礇好拭蕊佞なので、
                タートルネックでも大丈夫です。

                今日もパールのネックレスの製作は続きます。


                そんなわけで、淡水パールに糸を通す

                0
                  引き続きエフィアールです。

                  土曜日は週に1度の朝から営業の日、お天気も今一つだったので
                  ようやくハロウィンのディスプレイなどを出して
                  模様替えを始めました。

                  そんなガチャガチャの時ほど、なぜかお客様は続きます。
                  一息つくとテーブルの上には何だか色々なモノが。

                  1610010.jpg

                  で、ようやくの淡水パール、まずはオーダーのお品物です。

                  1609270.jpg

                  今や定番の後ろがチェーンもしくはヒモの、前だけボリュームタイプ。

                  1609271.jpg

                  コットンパールもいいのですが、熟女には有核バロック。
                  ある程度の重さが無いと、何だか変なのです。

                  きちんと鎖骨が見える薄型ボディなら、華奢な淡水がおススメです。

                  1609272.jpg

                  小粒のケシクレオパトラのゴールド染に、シャンパンクオーツを
                  点々と入れたロングネックレスです。

                  1609273.jpg

                  合わせる服の色は何でもOKです。
                  似合わなそうなのは、ザックリニットくらいかな?
                  キラキラしすぎないシャンパンクオーツが、いい感じに光って
                  派手すぎず、地味すぎず、着けっぱなしネックレスの要素が満載です。

                  したコメと母衣(ぼろ)と・・・

                  0
                    おはようございます、エフィアールです。

                    いつの間に10月になっていたんでしょう???
                    今週も4日(火)6(木)の14時から18時
                    8(土)10時から18時まで営業します。
                    暗くなってからご来店になる方は、全くいらっしゃらないので
                    また18時閉店に戻りますが、いつも通り遅くなる方はご連絡ください。

                    さてこの2週間の間で出かけたのは・・・

                    「したまちコメディ映画祭」の山田洋次リスペクトライブ
                    二階堂和美さんすごかった、さすが尼ンダ。

                    そして世田谷美術館で開催中の志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰

                    草木染めの現場を初めて見たのはインドのカッチ。
                    織りとか刺繍とかに比べて、特に染めに興味があるわけでも無いので、
                    全く知識も無いのですが。

                    展示作品のほとんどは着物ですが、染めた糸のグラデーションが
                    光のプリズムのように見える「光の經」は本当に美しかった。

                    9月は「ソング・オブ・ラホール」を始めとして
                    廃れゆく何かと、それに真摯に向き合う人たちがテーマだった気がします。

                    その後どうしても読みたくなった、 柳宗悦の「民藝とは何か」
                    前にも読んではいますが、同じことが繰り返し書かれている文章を
                    こちらも繰り返し読んでいます。

                    そんなのを読んでしまうと、なかなかものづくりも進まないのですが、
                    淡水パールもお客様も待っていてはくれない(笑)

                    1609274.jpg

                    この後も続きます。


                    「ソング・オブ・ラホール」

                    0
                      おはようございます、エフィアールです。

                      来週は20日(火)の14時から19時、
                      22日(木・祝)24(土)は10時から18時まで営業します。

                      展示会の仕入れが不発だった後で、向かったのは映画館。
                      人がまばらな館内で見たのは「ソング・オブ・ラホール」




                      映画の内容はリンク先を読んで頂くとして、キャッチコピーがいいです。
                      「スウィングしなけりゃ゛あと″がない」

                      登場してくるのは、おっさんばかりで地味といえば地味。
                      それでも誰かが用意したセリフではないので、胸に刺さる言葉ばかり。
                      最近ドキュメンタリーばかり見てるのは、そんな理由なのでしょうか。

                      まるで自分もリンカーンセンターで、演奏を聴いているような錯覚がして、
                      映画館ということを忘れて思わず拍手をしてしまいそうに・・・

                      個人的なおススメポイントは、おっさんたちのアクセサリー使い。
                      特にギター演奏者の両手の指輪と、指揮者のネックレス。

                      服装によって取り替えるのではなく、身支度の最後に何かを祈るように、
                      3本まとめて頭からかぶって着けるシーンが、アクセサリーとは何かを教えてくれます。
                      あれはパールと、トルコ石と、メノウかサンゴのペンダント。

                      映画の余韻が冷めやらぬまま、お客様に教えて頂いた
                      東京JAZZでのフリーライブにも行ってきました。
                      タブラのリズムで聞く「イパネマの娘」が、とてもツボでした。



                      新作の並ばない店頭ですが、地味にネックレスキットを作っています。
                      春先から続いた超大忙しが普通の大忙しくらいになってきたので、
                      たま〜〜にですが、朝から営業できる日が戻ってくるかも?


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728    
                      << February 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ガラスのハミングバードと水晶のれん
                        enfiar
                      • ガラスのハミングバードと水晶のれん
                        素敵です
                      • 端正なハギレ KIFNASKさん
                        takanami
                      • 計算間違い(笑)淡水パールのリメイク
                        みっち
                      • エフィアール的キレイ石ミックス
                        enfiar
                      • エフィアール的キレイ石ミックス
                        貴更
                      • 水曜・金曜限定!石占い(笑)
                        貴更
                      • ルビーのチビチビドロップカット
                        みっち
                      • 微調整イヤリング金具
                        mariko
                      • 淡水パール自主規制解除
                        AirBus

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM